書籍 本当に強くなる“一人稽古”

価格: ¥1,540 (税込)
[ポイント還元 46ポイント~]
数量:

本当に強くなる“一人稽古”
武道の「型」が秘めた“体内感覚養成法”

著者:中野由哲
判型:四六判
頁数:192頁

ジャンル問わず!
達人たちはみな、“型稽古”で達人になっている!

“実戦的でない”、“形骸的”なんてとんでもない!
ジャンル問わず、武術に普遍的に存在する、「一人稽古で本当に強くなるシステム」をご紹介!
どんな武術・スポーツにも応用可能!
野球でもテニスでも剣道でも、決まった形の素振りを繰り返すのには理由がある!
このしくみがわかれば、あなたは“一人”で強くなれる!


CONTENTS

序 章 “一人稽古”なしに強くなった者はいない!
 1 型稽古で“実戦力”?
 2 野球も“型稽古”!?
 3 “一人稽古”なしに強くなった者はいない!

第1章 外形と内形
 1 “外”から“内”へ
   2 サンチンの“外形”
 3 “器”を作り、その中を練る

第2章 立ち方と姿勢
 1 “自然体”で立つとは?
 2 型で学ぶ“自然体”
 3 姿勢の“中身”

第3章 威力を出すための体の使い方
 1 突きの威力を上げるには?
 2 エネルギーの集約ポイント
 3 力を生む、真のリラックス
 4 矛盾する力

第4章 防御の内実“添わす”という極意
 1 “どう受けるか”という問題
 2 “添わす”はどうすれば体得できるのか?
 3 “添わす”の内形

第5章 相手と繋がる合気技 “クラッチング”からできること
 1 型で合気が修得できる?
 2 “突かれる”でなく“突かせる”
 3 “クラッチング感覚”の養成
 4 一人で養う“クラッチング感覚”
 5 “クラッチング”の共通形態

第6章 蹴らない歩法
 1 “抜き”の歩法
 2 相手が崩れる足さばき
 3 術を可能とする歩法

第7章 “心”の扱い方
 1 「内形」醸成に不可欠な心・意識
 2 “心”で組むサンチン
 3 「受け」と「受け入れる」
 4 型修練は“引き算”の階段
 5 感性を大切にする稽古
 6 “割稽古”のススメ
 6 心と体をつなげるということ


中野由哲(なかの よしのり)
1973年生まれ。18歳の頃より、空手や中国武術(太極拳、八卦掌、心意拳など)、古武術、合気道などの各種武術を学んできた中で、その中に共通して存在する心身の運用を研鑽すべく2008年に「古伝体術 心水会」を発足する。

●ホームページ
古伝体術心水会 https://koden-taizyutu.com/
●YouTube
古伝体術 中野由哲公式チャンネル

商品カテゴリ

  • あんしんクレジットカード決済システム

ページトップへ