書籍 日本では学べない太極拳の秘訣

価格: ¥1,728 (税込)
[ポイント還元 51ポイント~]
数量:

日本では学べない太極拳の秘訣
大陸武者修行で得た、本場の練拳と身体変化

著者:安田洋介
判型:A5判
頁数:192頁

術理の核心は、
発祥地の生活・文化に
浸ってこそわかる!

太極拳発祥の地、中国の陳家溝で内弟子修行に励んだ著者が、日本で稽古する人に向けて、本場の太極拳の術理、学び方を伝授する! 本書で語られる“文化として”の太極拳修行はあらゆる武術修行者に向けた道標となる!


CONTENTS

第1章 練拳の質を向上させる
なぜ、上達しないのか?/中国での練習メニュー/集中力持続の秘訣“皮膚感覚”
練習に最適の時間帯は?/練習着も季節に合わせて/中国武術は靴文化

第2章 生活の中で育まれる武術
太極拳で日々を過ごす/鼻呼吸優先の理由/要求される足運び
日本でいかに工夫するか/“不安定”の中での練習

第3章 姿勢を規矩とした太極拳の動作
太極拳の“数学的な円運動”/馬上でおこなえる太極拳とは?
太極拳の男女差/“注意深く”上達すること

第4章 “放鬆”への理解
「放鬆」とは“脱力”か?/“重量あるもの”を制御する
「氣沈丹田」の意味/推手のススメ

第5章 兵器(武器)修練が養う功夫
太極拳に筋力は必要ないのか?/基礎筋力の違い/大刀で筋力を養い、勁を学ぶ
白蝋樹による発勁修練/道標“一路拳”との照合

第6章 陳氏太極拳における陰陽のバランス
陳氏の剛勁、柔勁の区別/柔で高められる剛/守るべき要訣を守ること
陰と陽の太極拳的黄金比/太極の中の八卦/太極拳に生きる古代中国の知恵

第7章 陳氏太極拳の「氣」の概念
物質としての「氣」の性質/氣を体感し、つなげていく
意を導く、視線の活用/自由ではない“自然な動き”/感覚の差を理解する

第8章 大地の力を得る“震脚”
震脚の生み出す威力とは?/地を蹴らない跳躍/体内感覚の応用
震脚で脳に障害!?/学ぶ“姿勢”の大切さ

第9章 身体動作の統合的展開
左右動作のバランス調整/丹田部位の応用/遠い間合いの練習
縦の円と横の円/違いは個人差レベル

第10章 太極拳で○○を(例えば「料理」)
長時間の集中=忍耐力の養成/料理=武術!?/太極拳に重要な“切る感覚”
「水餃子」で奥義を究める/餃子の皮包みも極意へ通ず
“中華鍋”という鍛練具?/太極拳と生活とのつながり

第11章 “対練”で悟る太極拳の技法
動作に秘められた意味を知る/起式~単鞭までの基本五形
見た目を超えた用法の広がり/意表を突く自在な動き/理論を身体で体感する

第12章 陳氏太極拳を学ぶために
陳氏太極拳への誤解/抖勁は初級~中級の練習方法
用法は実戦技法にあらず/どう学び、どうとらえるか?/指導者を探す難しさ
伝統武術は初心者有利?/“弟子入りする”ということ

特別編 自然のリズムを聴いて「勁」を研ぐ!
太極拳が生まれた土地の風土/入静して自然のリズムを聴く
大勢の前の表演で学んだこと/太極拳は助け合って上達する
太極門の一部である太極拳


こちらの商品は電子書籍も販売しております。
こちらをクリックすると購入可能な電子書店をご紹介します
※電子書籍は当サイトとは別の電子書店にてお取り扱いとなります。

著者◎安田 洋介 Yousuke Yasuda
1972年生まれ、京都府出身。1991年、中国・鄭州にて陳家溝四傑に数えられる陳正雷老師(陳氏第十九世)に教えを受け、その後、中国に渡って住み込みで陳正雷老師に学ぶ。1993年、第二回温県国際太極拳年会の器械の部(刀)優秀賞。1998年に帰国し、後進の指導にあたる。日本徳洋太極研修院代表。指導・監修DVDに『勁が分かる、勁が使える』『凄い推手、使える推手』(共にBABジャパン)など。
◎陳式太極拳・うずら倶楽部のblog http://www.neko-koneko.com/anchun/freo/index.php

商品カテゴリ

  • あんしんクレジットカード決済システム

ページトップへ