書籍 武蔵“無敗”の技法

価格: ¥1,512 (税込)
[ポイント還元 45ポイント~]
数量:

『五輪書』の原典から読み解く 武蔵“無敗”の技法
最重要文書『兵道鏡』『円明三十五ヶ条』の解読

著者:赤羽根龍夫
判型:四六判
頁数:232頁

武蔵の技、再現。

『五輪書』以前に、すでに武蔵によって書かれていた『兵道鏡』『円明三十五ヶ条』。ここには“勝つ技術”が詳細に書かれていた!
『五輪書』を読んでも分からなかった答はここにある!

・兵道鏡とは
武蔵が20代の頃に書いた、技の具体的・詳細な論述に挑戦した書。

・円明三十五ヶ条とは
『五輪書』の10年前に書いた“原型”であり、わずか35ヶ条からなる“勝ち方指南”の書。

CONTENTS

序論 知られざる伝書

第一章 円明三十五ヶ条と対敵術理(全条解読)
1 総合的身体論 根本的な体の在り方
  ①全身のバランス(第1ヶ条)
  ②基本姿勢(第2ヶ条)
2 持ち方・立ち方・歩き方
  ①太刀を持つ手(第3ヶ条)
  ②足運び(第4ヶ条、第15ヶ条)
  ③構えの本質(第8ヶ条)
  ④構えの流動性(第32ヶ条)
3 いかに相手に立ち向かうか ~目付けと心構え
  ①目の遣い方 (第5ヶ条)
  ②心の置き所 (第7ヶ条)
  ③〝読み合う〟心理戦(第9ヶ条)
  ④情報収集のし方(23ヶ条)
  ⑤敵の評価(第24ヶ条)
  ⑥二重構造の心の操法(第25ヶ条)
  ⑦敵と自分の関係性(第31ヶ条)
4 ファースト・コンタクト
  ①間合いの考え方(第6ヶ条)
  ②3種類の〝先〟の取り方(第12ヶ条)
  ③越すべきライン(第13ヶ条)
  ④初撃に対してなすべき事(第16ヶ条)
5 刀・身体の扱い方
  ①刀の振り方(第10ヶ条、第11ヶ条、第26ヶ条)
  ②身体の運用(第27ヶ条、第28ヶ条、第29ヶ条、第30ヶ条)
6 勝ち方
  ①隙と心理(第17ヶ条、第18ヶ条)
  ②見えない崩し(第19ヶ条)
  ③膠着状態(第20ヶ条)
  ④拍子(第21ヶ条)
  ⑤最高の好機(第22ヶ条)
7 最極意
  ①太刀・心・身体の分離運用(第14ヶ条)
  ②身と心の在り方(第33ヶ条)
  ③空(第34ヶ条)
  ④期を知る(第35ヶ条)

第二章 兵道鏡と実戦(全条解読)
1 少年武蔵の決闘と養父・宮本無二
2 青年武蔵と吉岡兄弟の決闘 『兵道鏡』第1ヶ条
3 吉岡一門との決闘 『兵道鏡』第24ヶ条
4 目は敵のどこをみるか 『兵道鏡』第2ヶ条
5 太刀の使い方 『兵道鏡』第3~5ヶ条
6 武蔵の身体論 『兵道鏡』第6ヶ条
7 太刀の形 『兵道鏡』第7~13ヶ条
8 武蔵の戦い方 『兵道鏡』第14~28ヶ条

第三章 武蔵の本当の強さとは?
1 巌流島の決闘
2 巌流島以降の他流試合
  ①東軍流 三宅軍兵衛との戦い
  ②神道夢想流 夢想権之助との戦い
  ③宝蔵院流槍術 高田又兵衛との戦い
  ④武蔵以降の時代
  ⑤千葉周作の時代、到来
  ⑥二刀流 牟田文之助
3 常識を超えて

付録 柳生本「円明三十五ヶ条の内」(春風館所蔵)

勢法・再現技法索引


赤羽根龍夫(あかばね たつお)プロフィール
名古屋・春風館道場にて柳生新陰流、円明流、尾張貫流槍術を学ぶ。現在は春風館関東支部長として鎌倉・横須賀・藤沢・横浜で「新陰流・円明流稽古会」を主宰し、指導に当たっている。平成27年12月、加藤伊三男館長より「厳周伝・新陰流、尾張円明流を正しく継承している」証を受ける。著書に『柳生新陰流を学ぶ』、『武蔵「円明流」を学ぶ』、DVD『武蔵「円明流」を学ぶ』(スキージャーナル)、『宮本武蔵を哲学する』(南窓社)、『武蔵と柳生新陰流』(集英社)、DVD『分かる!出来る!柳生新陰流(第1巻~3巻)』『最強の薙刀入門』『最強の二刀流入門』(BABジャパン)などがある。
〈新陰流・円明流稽古会 ブログ〉
http://blog.livedoor.jp/shinkage_keiko/ 

商品カテゴリ

  • あんしんクレジットカード決済システム

ページトップへ