DVD 武神館の武術 第一巻 打撃技編

価格: ¥5,500 (税込)
[ポイント還元 165ポイント~]
数量:

初見良昭の秘技継承
現代に受け継がれる古流の技

指導・監修:逆井則男
収録時間:56分



すべての武道の行きつくところは忍法である。
(戸隠流三十三代宗家・高松寿嗣)

「蒙古の虎」という異名と共に、最後の忍者と言われた高松寿嗣翁。
高松翁より、古流9流派を相伝した、最後の達人と称賛される初見良昭師。

その初見師が作り上げた流派が、FBI、CIAにも指導され
門弟数が全世界で50万人ともいわれる【武神館武道】。

打つ・蹴る・投げる・極める、という全ての体術を網羅した
その技法体系は、まさに実戦的古流武道といえる風格を備えています。

本DVDではそれらの実際を
武神館・逆井則男大師範が、全二巻で丁寧に紹介していきます。

「超実戦的な古流の打撃技!」

第1巻となる【打撃技編】では

・打撃の重要な基本型…三心之型
・独自の打撃法…骨子三法

を中心に、奥深く変化していく受け技、受けと打撃を融合させた打拳など
古流の実戦的打撃技を丁寧に収録しています。


CONTENTS

■はじめに…武神館武道とは
【古流武道の体系化と忍法】
【高松先生の修めた流派】
【初見先生が相伝した流派】
■構…基本的な構えとその意味
【基本構…平一文字之構と一文字之構】
【鷹之舞…低姿勢での鍛錬】
【自然体之構】
【攻撃線の重要性】
■受け…面・線・点の概念
【丸く受ける(基本の受け)】
【四角く受ける】
【面での接触の受け/受けて・受けない受け/触って・触らない受け】
【触らない受け…精神的な間合いのコントロール】
【線での接触の受け/触って・触らない受け】
【点での接触の受け/触って・触らない受け】
【受け流し…いなしと崩し】
【受けの連携】